読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カゴメまろのケロケロ雑記

東方とポケモンと科学の雑談が多いブログ

コンプエース10月号の鈴奈庵の感想

先週発売のコンプエース10月号掲載の東方鈴奈庵第31話「牛の首は何処にあるのか」後編の感想と考察擬きです。

あらすじ

表紙はマミゾウさんと絶対領域の少女。彼女はまさか……?
聞いたら死ぬという正体不明の都市伝説「牛の首」。里の人間は心のどこかでその都市伝説に恐怖していた。そんな中、牛人を目撃する人が次々と現れるが、霊夢たちは正体をつかめないでいた。それもそのはず、噂を流していたのは正体をわからなくさせる妖怪「封獣ぬえ」だったのだから。今回はマミゾウさんもぬえに協力する形で牛人に化けて里の人間を驚かせていたようだ。*1駄菓子菓子、霊夢が正体は牛頭天王だとする噂を流され相殺されてしまうのであった。

考察(?)

コンプエース牛頭天王が「牛頭天皇」って書かれてるんですが牛頭天王」の間違いの可能性が高いと思います。前に神霊と八百万の神について記事を書いたことがあったんですが、その過程で牛頭天王のことも調べてたので。super-maro-rpg.hatenablog.com
っていうか、もし天皇が正しかったら牛の頭をした天皇がいて、それが怒って最近の人間は気に食わないって言ってたってホラーな話になっちゃいますwww


…以上です。今回は前編の感想よりすごく薄いものになってサーセン

*1:マミゾウ曰く「これが我ら日陰者にできるギリギリのライン」